しっくりくる夫婦の形

私の父母の時代では、お見合いや〇〇さんの紹介で・・・という感じで結婚する人が多かったそうです。

お見合いも紹介もある程度お相手の身元もハッキリしているし、「本当はどこの誰だか分からない」という不安はないですよね。

今の時代はその辺の身元チェックは結婚相談所などでしてもらうこととなるのですが、どうしても自己申告制なので中には眉唾ものの方もおられます。

それに当時はお見合いや紹介もそんなに頻繁にあるわけでもないので、いざその時が来た場合の期待感はとっても高い訳です。

なんなら会う前から既に結婚する気になっている状態もあったそうで・・・^^;

その点、私の場合だと結婚相談所から毎月に4人程度、定期的に紹介がある訳で・・・。
やっぱり昔のような期待感はなく、「まあ今月が駄目でも来月に期待するかぁ~」ってな感じになってしまいがちです。
これではいけませんよね。。。

結婚出来ない理由に「出会いの回数が少ない」という回答をよく見掛けますが、昔に比べてたら断然多いと思います。

逆に回数が多過ぎて、昔ほど1回1回に「期待感」「前のめり感」が少なくなっているのではないでしょうか。

テレビ番組で結婚30年以上のご夫婦が毎回出てくる番組があるのですが、大半のご夫婦は初めて会ってから短期間(数ヶ月以内)で結婚式を挙げておられました。

まあ時代が違うといえばそれまでですが、大半の方は相手のことをよく知らずに結婚を決めていた感じでした。

結婚してから相手の良い点も悪い点も知るということですよね・・・。

すごいリスクの高いことのように思えてしまうのですが、逆に結婚する前から良い点も悪い点も全て知りたい・・・と思い過ぎてしまうのもよくないんでしょうね。

人間だから良い点もあれば悪い点もあります

結婚する前からいろいろ知ってしまうと結婚への踏ん切りがつかなくなってしまうことが多々あります。
でも、結婚してからだと「結婚しちゃったし少し我慢するかぁ~」となるようで・・・。

まあ今の時代では離婚というハードルも昔より低くなっているので、その人のことを理解せずに別れてしまう人も多いのかもしれませんが。。。

でも、この【理解】って大切だと思います。

お互い何十年も違う環境で生活してきたのですから、その二人が生活を共にし始めたら何かと違いにとまどうことも多いでしょう。

そんな時こそ【理解】が必要になってくるのだと思います。

理解は我慢という意味も含んでいるかもしれません。

我慢といえば少し聞こえが悪いかもしれませんが、赤の他人と生活をスタートさせるのに多少の我慢が必要なのは当然です。

我慢して正面から相手のことを見てあげることができれば、今までの自分の人生にはない価値観を理解できるかもしれません。

テレビ番組で見た結婚何十年というご夫婦もそういう出来事を重ねながら、お互いがしっくりくる夫婦の形を作っていったのだと思います。

今の時代は結婚相手を探す時に「仕事」や「年収」などいろいろなデータが揃い過ぎています。

もちろん知りたいデータなのですが、データがあればついついそれに目がいってしまいがちで・・・^^;

もっと自分の目で確かめて、そして相手のことを理解できるように接していきたいと思います。

今までの自分の婚活を反省中ですm(_ _)m

ピックアップ記事

  1. 自分の意見を押し付ける女性
    私の趣味がマイナーだというせいもあるのでしょうか、他人の趣味や仕事だけを見て引いてしまうような女性と…
  2. 40代の夫婦
    2015国勢調査を分析した結果、生涯未婚率が劇的に改善されているそうです。*参考記事:生涯未婚率…
  3. 楽天オーネットとダレノガレ明美のコラボ
    楽天オーネットとGirlsAwardのコラボ企画で、タレントのダレノガレ明美さんがマッチング…
  4. オタク女子
    私はオタクという訳ではないんですが、それなりにゲームとかアニメ好きです。だから、アニメ好きの…
  5. 第7回婚活川柳
    8月7日はパートナーの日なんだって。初めて知りました。これは結婚相談所の株式会社パー…

キャンペーン中の婚活サイト

youbride(ユーブライド)は累計会員数100万人突破!運営実績16年目の婚活サイト。

 

今なら31日間無料でお得にスタートできます。

 

ユーブライド

 

 ↑↑  画像をクリック ↑↑ 

PAGE TOP